杉森務会長の学歴経歴まとめ!出身高校大学は偏差値79?学生時代のエピソードも

石油売りの最大手企業『ENEOS』の代表取締役兼会長を務めた杉森務元会長。

偏差値79の大学に合格した優秀すぎる学歴が話題を集めていますね!

学生時代は勉強だけでなくスポーツでも活躍していたことが分かってきました。

今回は杉森務会長の学歴と経歴について、出身高校と大学の偏差値、学生時代のエピソードの順に詳しくご紹介します。

目次

杉森務会長のwikiプロフィールと経歴まとめ

まずは、杉森務会長のwikiプロフィールと経歴を簡単にご紹介します。

wikiプロフィール

石油売り最大手企業『ENEOS』の杉森務元会長のwikiプロフィールがこちらです↓

杉森務会長の画像
出典元:Yahooニュース
名前杉森 務
読み方すぎもり つとむ
生年月日1955年10月21日
年齢66歳
※2022年現在
出身地石川県金沢市
出生地石川県七尾市
職業元石油実業家

杉森務会長の父親は石川県警で警察官として勤務していました。

警察官の父親に育てられた杉森務会長は、若くしてメキメキと才能を伸ばしていきます。

華麗な経歴

そんな杉森務会長の華麗な経歴がこちらです↓

年代年齢経歴
1979年大学卒業後に日本石油(現:ENEOS)へ入社
1985年日本生産性本部経営アカデミー人事労務コース修了
1999年三菱石油と統合後の日石三菱で販売部販売統括グループマネージャーに就任
2002年新日本石油関東第一支店副支店長に昇格
2006年中部支店長に就任
2008年執行役員中部支店長に昇格
2010年JX-ENEOS野球部長・JX日光日赤エネルギー取締役常務執行役員小売販売本部長に昇格
2013年同総合企画部・経理部・情報システム部管掌に就任
2014年JX日鉱日石エネルギー代表取締役社長に就任
2016年JX エネルギー代表取締役社長に就任
2017年JXTGエネルギー代表取締役社長を歴任し統合を進める
JXTGホールディングスに統合成功
2018年JXTGホールディングス代表取締役社長日本経団連副会長石油連盟副会長に就任
2020年ENEOS ホールディングス代表取締役会長石油連盟会長に就任
日本石油のドンと呼ばれる。

入社当時から早くも頭角を示してきた杉森務会長。

グループマネージャーとして、ゴルフなどの接待を通して特約店との関係を築きENEOSの飛躍に貢献していました。

その功績が認められ、なんと日本経団連の副会長にまで上り詰めています。

年収は2億円近く、高級住宅街に住んでいることが分かっています↓

石油業界だけでなく財政界にも幅広い人脈を築いていきました。

そんな杉森務会長は学歴も華々しいものでした。

杉森務会長の学歴まとめ

杉森務会長の学歴はこちらです↓

卒業年度学歴
1974年金沢泉丘高校 卒業(26期卒)
1979年一橋大学 卒業

早速、高校と大学の詳しい情報を順番に見ていきましょう!

出身高校は金沢泉丘高校!

杉森務会長の出身高校は石川県内でも一位二位を争う名門校の石川県立金沢泉丘高校です。

目次
閉じる